カナリヤ / canaria

詳しくないけど韓国の音楽 K-POPが好き。
東方神起/JYJ etc

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

↑メールもこちらです。


yahooネット募金

がんばろう、日本。


twitter2gif

ツイッター、ぼちぼちやってます。


room


recommend.
SHOPPING

TRANSLATION
REMARKS
    当サイトで使用している画像等は全て本人に帰属、また該当著作権者と所属事務所にあります。 よってその権利を侵害するものではありません。


    ブログパーツUL5
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
京都旅日記「宮」編
reportdiary110619_1
どうもーーーー!!
東方神起とJYJを1週間で見るという、個人的にもゴールデンウイークだった先週。
そしてさらにーーーーっ、昨日はミュージカル「宮」を京都まで見に行くという予定を入れていたのです汗
怒濤も怒濤、東方神起のスケジュールかというぐらいの移動ですから撃沈
ソウルではジュンちゃんのミュージカルも始まってるみたいですが、こちらのレポをさせていただいてよろしいでしょうかたらーっ

「宮」はまず、ドラマ版のチュ・ジフンのシン君に落ち、去年のミュージカルでユノシンに落ち、今回はSS501だったキム・キュジョン君ということで、SS501の中では一番好きな人なので、本当に楽しみにしていってまいりましたよハート

reportdiary110619_2
旅日記はあとにして、まずレポから。
会場そばに、ニュースとかでよく見る光景が。
今回の会場の南座って、四条河原の所のすぐそばだったんですね。
京都は自分で回るの初めてなので、発見の連続です。

reportdiary110619_3
南座の全体はこんな感じ。
伝統的な雰囲気がいいですよね。

reportdiary110619_4
キター、キュジョン君のシン君だハート大小
当日券も出てたようで、当日券売り場に並んでる方もいらっしゃいましたよ。

reportdiary110619_8
2時間15分(休憩除く)ということは、ユノの時より短めです。

reportdiary110619_5
普段は宝塚とか落語とか歌舞伎とかやってるんですね。

reportdiary110619_6
中のロビーにある歴史展示(左)。
グッズを買い求める方の列に並びます(右)。
というのも、グッズを買ったら、終演後にキュジョン君とのフォトセッション&サイン会に抽選で50人が参加できるからです揺れるハート
私もパンフとCDを買って2枚もらいましたよ。
CDはちゃんとキュジョン君が歌ってる曲が入ってるのでうれしいです!

reportdiary110619_7
ファンからもたくさんお花が届いてます。

reportdiary110619_9
お決まりの、等身大パネルと一緒に写真が取れるコーナーですー。
私も撮ってもらいました。

reportdiary110619_10
南座は内装も素敵で、こういう建物で演じることができることは役者さんにとっても幸せなんだろうなって思います。

で、感想なんですけどね。
もうたくさん思ったことがあったんですよ。
やっぱり、チュ・ジフン主演のドラマ、ユノ主演のミュージカルっていうのがあったので、どうしても比較してしまうのはしょうがない。

それを前提に話しますけども(あ、以下ネタばれあるかもなので、注意してくださいね)、キュジョン君はねー、いい子なんですよ。
そう、さっきも書きましたけど、品があって、ソフトな魅力がある。
そのキュジョン君が、そのまま舞台に出てた感じがしました。
シン君って、チョイ悪じゃないですか、最初は。
チョイ悪っていう表現は変ですね...。ちょっと甘え下手っていうのかな。不器用な分、意地悪な感じに見えてしまうキャラクター。
出てきた瞬間はそんな雰囲気がちらっと感じられたんですが、キュジョン君のいい人オーラっていうんですか、そういうのがやっぱりにじみ出てるっていうんですかね、悪ぶっても悪ぶれないというか、そういうキュジョン君そのものが舞台に立ってる感じなんです。
あ、ユノもそんなところ、ありますよね。
ユノもめっちゃいい人なので、チョイ悪になろうとしてもなりきれない。
そういうところが魅力で、チュ・ジフンが生まれ持ってるチョイ悪キャラとはちょっと違う。
そんな感じがキュジョン君にもあるんです。
で、ユノは「俺はユノだ!」っていう自身みたいなものが全身から溢れ出してて、シン君の時もそれを感じたんですが、キュジョン君はもうそういう感じではなくて、なんていうんでしょう、見守って上げたいっていうんですかね。
ユノも見守ってあげたいタイプなんですけど、ユノの場合は「何かやらかすんじゃないか?!」みたいな部分だったりするんですが(笑)、キュジョン君の場合はもっとなんて言うんでしょう、難しいんですけど、「君は今、何を考えてるの? お姉さんに聞かせて」的な(←おかしいよ私 笑)、そういうナイーブさっていうんですかねぇ、そういうのがあるんです。
演じるということに真っすぐな感じです。

今回、本人もプレッシャーだったと思います。
これまでの大スターが演じてきたシン君のイメージを、どうするのか。
インタビューでこんなことを言ってるんです。

「ユンホ先輩が演じたイ・シンが、カリスマ性があって男らしいタイプだとすれば、僕はリラックスしたソフトな姿をお見せしたいと思っています。僕は口数が少ない方で、他の人にはっきり物を言えないタイプなので、イ・シンは正反対のキャラクターなんですよ。舞台では、いつもの自分から抜け出せるように頑張ります!」と。

そうなんですよ。
キュジョン君の目指す、柔らかいシン君が舞台の上にいる。
これまでのチュ・ジフン、チョン・ユノとはまた別のキャラクターのシン君がいるという感じでみればまた新たな楽しみが増えたっていうことですよね。
(個人的には、キュジョン君の本来のキャラはユル君に近いのかもしれないんですけどね)
キュジョン君がそんな思いで舞台に望んでいると知ってみると、もうね、泣けてきたんですよ。エンディングで。
ユノシンでも泣かなかったのに、キュジョン君のシンを見て泣いている。
キュジョン君は最初からいい人オーラなので、途中からチェギョンに心を開いていく過程が急な感じに見えなくもないんですが(笑)、それはキュジョン君だから成し得たキャラクターなのかもしれないし、最後の最後で笑顔が出るのがたまらないし、これから本当に応援したくなる、そんなキュジョン君が見れて幸せでした。

その他、舞台のことなど。
最初、日本の伝統的な舞台で韓国のミュージカルを演じてるっていう不思議な感覚がありました。
見て行くうちにマッチしていってるなぁって思えましたけどね。
舞台は、歌舞伎のように花道が客席下手にあるんです。
花道をうまく使ってるのは良かったです。もともとそんなに広くない会場なのに、ますますキュジョン君が間近に見られるという。
でもですねー、この芝居小屋は生の声が十分届く広さ。
(歌舞伎なんかはマイク使わないですもんね)
なので、ミュージカルの場合、マイクを付けて思いっきり歌うと声が大きすぎて、耳がキンキン痛いんです。。
特にヘジョン宮役の方の声は大きくて、耳が痛かったです。。
マイクを使うなら、役者さんによってもうちょっとボリュームの調節をした方がいいと思います。

キュジョン君の歌はですねー、聞く前はユノ並みにちょっと心配でした。
キュジョン君もユノみたいに声量がそこまでない、やさしい声をしてるんです。
なので、ミュージカルとなるとどうなるんだろって。
でもぜんぜん心配なかったです。さすがSS501だーって思いました。
ダンスはね、やっぱりブレイクダンスではないですよ。普通のダンス。
ユル君のラテンダンスも省かれてたし。。
ちょっと物足りないかなぁ。

それから、ベッドシーンはですねー、影のシーンは長めなんですけど、タンクトップ姿はまたユノの筋肉とはぜんぜん違うんですよ。しなやかっていうんでしょうか。リアルっていうんでしょうか(ユノの美しさはリアルじゃないと思っている 笑)。そういうリアルさがかえって素敵でした。
あと手! 手がめーーっちゃきれいなんですよ。指が長くて。手に見とれてましたね。

最後のキスシーン。
ユノの時はがっつりキスしてからちょっとして暗転でしたよね。
それが、キュジョン君の場合は、キスしそうな瞬間に暗転してしまうんですよ。
キスしてるのかしてないのか分かんない感じであっという間に終わる。
これがねー、不完全燃焼で終わる感じで私的にはちょっといただけないかなぁ。
もっとガッツリやっていただいた方が、ぜんぜんいいです。
あの演出は中途半端だ。。

ソウルで見た時のキャストさんとは若干変わってるんですが、セリフに日本語を織り交ぜて日本で流行ってるギャグをやったりして、会場はかなり大爆笑の渦でしたよ。

すみません、長くなって。
他にもいろいろ思ったことはあったんですが、このくらいで。。
キュジョン君はこれからどういう方向で活躍していくのか...メインは俳優なのかな...。楽しみですポッ

reportdiary110619_11
そう、終了後、フォトセッション・サイン会の抽選の結果が発表されました。

reportdiary110619_12
ガーン。無い。。
当たってると思ったのに(根拠のない自信 笑)。
でも初の生キュジョン君を舞台で楽しめただけで幸せですから。

reportdiary110619_13
ここから旅日記ですラッキー
京都は自分で回るのが初めてで、不安一杯だったんですが、バスを使えば結構どこでも行けてしまいますね。
1日乗車券をフル活用しての半日観光ですー。
着いたのが早朝だったので、それからどこに行こうかと思って、まず6:00から開門してる清水寺へ。
雨上がりだけど、今にも降りそうな曇り空。
早朝のお寺に咲くあじさいにも雨の露が残ってて、青い色が一層冴えてます。

reportdiary110619_14
白っぽく苔むした建物を見てるとすごい歴史を感じる。
やっぱり神社仏閣ってパワースポットだけに、なんとなく気が引き締まるっていうか、気持ちがすーっとおだやかになります。

reportdiary110619_15
清水の舞台にユチョンは来れないだろうなぁ。
私は真下を見なければ大丈夫です(笑)

reportdiary110619_16
おみくじとか、絵馬とかって、一人一人のいろんな思いが託されてるんでしょうね。
ハングル文字で書いてある絵馬もありましたよ。

reportdiary110619_17
舞台を反対方向から眺めてみます。
こんな早朝に修学旅行生の団体さんが。
「マッコリ! モッコリ!」って盛り上がってる男の子がいました。。。

reportdiary110619_18
縁結びを見つけて、ぜひ〜と思ったら、9:00からということでまだ開門前でした。。
でも柵を越えて、ずんずん登って行く女性が。
よっぽどの思いがあるんでしょうね。

reportdiary110619_19
雨に濡れた木々の中を歩いてると、木の香りのする湿気っていうのかな、森林浴がものすごく気持いいです。

reportdiary110619_20
あじさいが植えてあるんですが、早朝の木陰に青が冴え渡って、何ともいえない幻想的な色をしてるんですよね。

reportdiary110619_21
カタツムリもいます。

reportdiary110619_22
早朝の清水寺のあとは、お腹がすいたので、老舗喫茶でモーニングが食べたい! ということで、有名な京都の老舗コーヒー店、イノダコーヒ本店へ。

reportdiary110619_23
広島にも支店があるんですが、やっぱり本店に一回来てみたかったんです。
朝8時なのに、店内には行列が。

reportdiary110619_24
昭和レトロなものが大好きで、こういう雰囲気も大好き。

reportdiary110619_25
ここの部屋に通されました。
チョー素敵ぴかぴか

reportdiary110619_26
お水も美味しいし、このロゴマークがかわいい。
メニューを見て選んでる時もウキウキです。

reportdiary110619_27
至る所に昭和なデザインが。
こういう椅子のフリフリとか、ステンドクラスとか。

reportdiary110619_28
モーニングはもう絶品ですね。
特にこのハム!
アンデルセンで売ってるハムみたいな美味しさです(青山アンデルセンにも美味しいハムがありますか?)
コーヒーはミルク入りにしてもらったんですが、これに砂糖を入れると、美味しさが倍増します。
しっくりと濃い味。
本当にゆっくりした時間がすごせますね。

reportdiary110619_29
テラスも素敵なんですよねー。
雨上がりの感じもまたいいのかもですね。

reportdiary110619_30
お腹いっぱいになってあるいてたら、古いお店を改造したパスタ屋さんを発見。
思わず、「トウホウ!」(シンキ)って一人でユノ並みにコール&レスポンスをしてみたりして。

reportdiary110619_31
街中にヤシの木が!
ジュンちゃーーーんヤシの木(笑)

reportdiary110619_32
それから、お風呂にいくことにしました温泉
キュジョン君に会う前にちょっときれいにして行きたいじゃないですか(笑)。
京都タワーにお風呂があって、それはかなり有名らしいんですが、地元の人が通う昔ながらの伝統の香り漂う所がいいなぁと思って探してたら見つけましたよ、船岡温泉。
もとは料理旅館「舟岡楼」として大正12年(1923年)に建築されたという本当に古い建物で、中には透かし彫りの欄間がドーンとあったり、中庭があってでっかい鯉が泳いでたり。ほんとに圧倒されます。

reportdiary110619_33
こういうタイルとかもかわいいし、下駄箱の紫も好みだなぁ。
番台にいるおばちゃんに410円を払って、小さいせっけんを30円で買って中に入ります。
小さいけど、薬草風呂、高温風呂、ジェットバス、電気風呂、水風呂、打たせ湯、サウナ、露天風呂まであるんですよ。
地元のおばちゃんたちのローカルな会話とか、ドライヤーが30円で数分使えるんですが、「風が余ったからあげる」って言われて途中からもらったりとか(笑)。なんかいいですね。
外国人の方もいらっしゃってました。
帰る時「ありがとうございました。おおきに」っていう言葉が京都だなぁって。
なぜかお風呂から出たあと、ちょっとだけ地元の人みたいな気分になれました。

reportdiary110619_34
最後に生菓子と薄茶で。
京都は友達とかと来たら違った感じで楽しめそうですねわーい
| レポ&旅日記 | 01:36 | comments(13) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:36 | - | - |


京都の写真みて
癒されました(*^^*)
私もモーニング
食べに行きたいです!!

ユチョンは京都
似合いますよね~( ´ ▽ ` )ノ
| なぎ | 2011/06/20 3:24 AM |

はじめまして。

時々覗かせていただいておりました。

私、京都出身なもので 懐かしくて思わず・・・。

イノダのあの甘いコーヒー、ホント懐かしくて、飲みたくなりました。

南座も変わってないなあ。

いい旅をされましたね。

京都にちょっと帰りたくなりました。
| 美椒 | 2011/06/20 1:50 PM |

カナリヤさん、みなさん、こんばんは。

こんな怒涛のスケジュールをこなしているカナリヤさん、トンのマネージャーができますよ。
すごすぎる。実はカナリヤさんって2人いるんじゃないですか(^^)?

お返事もありがとごじゃいました。
釜山コンサートは「参加型」でほんとうに楽しかったですね。
光州も飛んで行きたいくらいですよ。誰か、どこでもドアをください(-_-)。

「宮」も楽しんでこられてなによりです。
舞台の感想がいっぱいで、カナリヤさんもゆっくり鑑賞できたんだなあ、と伝わってきます。
私はチュ・ジフン君しか知りませんが、それぞれ個性があったみたいですね。
「お姉さんに聞かせて」に笑った(^^)。カナリヤさん、怪しい(^^)。。

短い間にぬかりなく京都も味わってこられて、さすが、写真がきれいです。
なんか、JYJの前にお風呂に入り、「宮」の前にお風呂に入り・・・儀式みたいになってます(^^)。
京都で風呂入ったって人、周りであんまり聞かないんで、面白いです(^^)。

わたくしはこの土日に必死でたまっていた韓国ドラマを見て、「ミスリプリー」も追いつきましたよ。
男どもは簡単に悪女に落ちるな〜。
イ・ダヘが悪女モードに入るときはカルメンがかかるのが面白いです。
ゆちょんの表情はいいですよね。セリフ回しは、カナリヤさんのご懸念の
「好きだ、お前が」が若干ほうふつとされますけど(^^;)。
今日もつながるといいな〜。

| うに | 2011/06/20 8:40 PM |

ミスリプリー途中ですが、また出てきました。

カルメンじゃなくて「カルメンっぽい曲」かもです。
(わたくしはよく嘘をつきます^^;)

そして、挿入歌がゆちょんの声に聞こえますけど、そうですか??
| うに | 2011/06/20 10:58 PM |

カナリヤさん

京都にこられてたんですねぇ…
きゃあ〜ってなりました。
私も京都にいました。
なんかすごく嬉しいけど 残念なような…
しかも イノダにも行ったのに…
どこかで すれちがってるかも…

次回の旅日記も楽しみにしています〜
| mia | 2011/06/20 11:39 PM |

こんばんは☆

カナリヤさんの写真、毎回旅情をソソラレマス。
本当に素敵で大好きです。
| あきなっち | 2011/06/21 1:54 AM |

カナリヤさま、皆さま ☆こんばんは

久しぶりの登場です。
京都の懐かしい写真に魅せられて、
飛び出してきました。

自然の緑の方に馴染みが・・・。
南座やお寺や、イノダこーヒー店は、
まるで外国のどこかみたいです。

カナリヤ撮りの写真は、
素ッ晴らしくステキに写ってるんで、
ほんとに行きたくなっちゃいます。

絶対、老後に京都近郊に住む!
そして、旦那さまといつまでも・・・
カタツムリを眺めていたい。 v(^w^)

| チョコみるく | 2011/06/21 3:24 AM |

なぎさん☆

こんばんは。
京都、ほんとに癒されましたよ。
今回は癒しの旅っぽい感じですけど、クラブとかも多いし、もっとエキサイティングな楽しみ方も出来る街だろうなって思いました。
また行きたいです!
モーニング、ジュースが生しぼりたてのオレンジジュースで、それも絶品でしたよ^^
| カナリヤ | 2011/06/21 3:55 AM |

美椒さん☆

こんばんは。
いつもありがとうございます^^
美椒さん、京都のご出身なんですね。
お名前も素敵ですね^^
イノダコーヒ、砂糖を入れると、美味しさに深みが出ますね〜。
気に入っちゃいました!
私もまた京都通の友達と一緒に行きたいです。
| カナリヤ | 2011/06/21 3:58 AM |

うにさん☆

こんばんは。
実は2人いたら怖いですよね(笑)
でも本当にもう一人欲しいです。。私の代わりにツイってくれる方が(笑)
>釜山コンサートは「参加型」
いつもは何型なんですかね(笑)。取材型?
光州、ぜひ行ってください。うにさんなら行ける^^
舞台の感想、たくさん書きましたけど、あとあと考えたら、ユノの「宮」を見た方じゃないと分かんない内容でしたね。。失礼しました。
ライブ前にお風呂、おすすめです。
普段はそんなにスーパー銭湯とかには行かないんですけどね。。これがきっかけで銭湯好きになりそうです。
「ミスリプリー」、楽しんでますね! 私はどんどん置いてきぼり状態です。。
ユタカ様の歌に癒されてますー。
| カナリヤ | 2011/06/21 4:04 AM |

miaさん☆

こんばんは。
わ、miaさんも京都に!
イノダですれ違ったかもですね。
あのお店、気に入っちゃいました。ショーウインドーのケーキもめっちゃ気になって。。
次回の旅日記はまだまだ先かもですが、またお伝えできればと思ってます。(そういえば中国がお蔵入りになってました 笑)
| カナリヤ | 2011/06/21 4:07 AM |

あきなっちさん☆

こんばんは。
どうもありがとうございます☆
小さいカメラだったんですが、ゆっくり回れて写真も取れてよかったです^^
| カナリヤ | 2011/06/21 4:12 AM |

チョコみるくさん☆

こんばんは。
どうもありがとうございます。
京都って、自然もあるし、街は洗練されてるし、人情があるし、いいですよね。
「住む」というより、「住まう」って言う方がしっくりくるような、日常をきちんと暮らしてる感じに憧れます。
(こんな時間に起きてること自体がもうきちんとしてないですし...。)
老後に旦那様と京都ですか。うらやましいですー。
私もきちんとした人になって、京都の人たちのように、日常を大切にしながら住まう人になりたいです^^
| カナリヤ | 2011/06/21 4:18 AM |










トラックバック機能は終了しました。